So-net無料ブログ作成
検索選択
キャンピングトレーラー ブログトップ
前の10件 | 次の10件

キャンピングトレーラーにラクールを [キャンピングトレーラー]

 噂のラクールを購入しました。ポルト6の窓際のパネルを外して、パイプだけを通すつもりでした。でも、現物を見ると、とてもパネルを外したところで通りそうにありませんし、トレーラーのパネルは、そう簡単に外れるものではなく、前面の構造物をほとんど分解しなくてはならないようでした。しばらく思案し、そうだ、前の窓を通してみようということになって、写真のようになりました。パイプを挟んでも窓は一部ロックできそうですし、ローッカーは、つっかい棒か何かで、半開きにしておくと良いと思います。試運転はまだです。今日でもしてみます。
Imgp1936.jpg
Imgp1939.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トレラーの室内灯をLEDに変えてみます [キャンピングトレーラー]

 右のが今までのハロゲン球です。たびたび切れます。何ワットか分かりません。左のがLEDだそうです。ちょっと見たとこどこが光るのか分かりません。後で交換してみます。
LED.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

プロパンガスの残量計は便利です [キャンピングトレーラー]

 半信半疑で購入した残量計です。陶芸に使っているプロパンガスボンベで試してみました。液面で緑のLEDが点灯します。これは使えそうです。ただ、電池の交換はどうするのかな?
Imgp1534.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

プロパンガスボンベの残量計を見つけました [キャンピングトレーラー]

 圧力式の残量計は使っていましたが、これはガスがなくならないと反応しません。最近、ネットで見つけました。超音波で液面を検知するそうです。まだ試したいませんが、上手く働けば、画期的なことです。陶芸ガマの還元用のボンベが一番気になっています。早速使ってみます。
Imgp1526.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キャンピングトレーラーのグレータンク(再) [キャンピングトレーラー]

 だいぶ前に排水タンクの取り付けを書きましたが、中途半端で終わっていましたので、再度書きます。
カーク産業より68リットルの排水タンクとその他の部品を取り寄せて取り付けてみました。 
前回はフレームに角材を渡し、タンクを乗せる方法を記載しましたが、実は、ロードクリアランスの問題でうまくいきませんでした。車庫から出しただけでタンクをこすったのです。そこで、直接床板に固定することにしました。床板は合板で、その強度に疑問を持っていたのですが、思い切って床板に木ねじで固定しました。
3169752
強度が出るように、大き目の木ねじで、多めに止めました。これで、十分なロードクリアランスが得られました。くじゅうやまなみキャンプ場までキャンプに行きましたが、何の問題も起こりませんでした。
 次にパイピングです。排水は問題ありません。3インチのシャッターバルブ、排水ホースなどを、FRP用の接着剤で固定しました。
3169754
 トレーラーの排水をいかにしてタンクへ入れるかが問題でした。ポルト6の排水パイプはフレームの穴に切りっぱなしで出ています。この塩ビ管は、どうも日本の規格とは違うようで、少し削って内経2cmのL字管を接着し、その先にPF管を接続してタンクへ繋ぎました。PF管とジョイントは防水ではありませんので、塩ビ用の接着剤を多めに流し込んで固定しました。
3169753
 出来上がりは上々でしたが、排水設備のないところで汚水を捨てる場合、一度バケツに取って流しに捨てるしかないのですが、排水孔の位置が低すぎてバケツに入りません。排水パイプをくねらせてどうにか、済ませましたが、マンホールを開けてでも排水すればよかった。
3172546
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キャンピングトレーラーに電子レンジを取り付けた [キャンピングトレーラー]

つける場所がないため、あきらめていた電子レンジだったけど、妻のたっての希望でトレーラーに乗せてしまった。通路に置くしかないので、邪魔になることこの上なし。使うときは流しに乗せて使ったが、やはり邪魔。妻の一言「クローゼットに入れたら」で決まり。なぜかぴったり入る。そのままでは何だから、電子レンジの上に棚を作り、衣服が直接掛からないようにした。クローゼットのドアは電気鋸で切ってしまった。
Pap_0007.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キッチンペーパー掛け [キャンピングトレーラー]

今回キャンプでは、自分で料理をしてみて、キッチンペーパーを使うことが多いことに気づいた。困ったのは、その置き場だった。トレーラーの戸棚にキッチンペーパー掛けを付ける事にした。ホームセンターで木の切れ端を、買ってきて、半日がかりで作った。心棒に穴を開けると、バリバリと汚く割れて、苦労したが、接着剤でごまかした。心棒に木で作ったピンを刺して、ペーパーをとめているが、このピンが、テーパーしていて、キュッと止まるところが、良く出来たかな。


ガス自動切換え装置 [キャンピングトレーラー]

ついでにガスの自動切換え装置も手に入れた。ガスの配管は素人は出来ないそうだ。低圧側を一箇所つなぐだけだけど、手を出せずにいる。切羽詰ったらやっちゃうと思うけど。やっぱり自分でしちゃいました。


ガスボンベ [キャンピングトレーラー]

やっとガスを充填してもらった。5kg二本で3000円ちょっと、安いのか、高いのか判断できないが、ま、これでしばらく遊べると思えば安いかも。後は自動切換えにするかどうか。残量計などももったいないし、配管は素人では出来ないそうだし、悩んでいる。ガスがなくなったとき、手動で変えても良いか。


アルミボンベ [キャンピングトレーラー]

先月、西海町の四本堂キャンプ場へ行ってきた。サイトは段々畑状態で、トレーラーには、ちょっと停めづらかった。結局、一番下の段まで下り、そばに駐車スペースのあるサイトに決めた。理想的な場所は予約済みだとかで、借りれなかったが、次回は、あそこを予約しよう。今回は我慢して、既に先客の車のある狭い駐車場にトレーラーを停めた。車を2台ずつ停める形式のオートサイトは、造る方からすれば合理的なのだろうけど、使うものとすれば、やや抵抗がある。ユーロムーバーのお陰で、トレーラーの設営はスムーズに行えた。前回苦労した、冷蔵庫の点火も割りと短時間で済み、晩御飯もトレーラーのガスコンロで済ませた。次の朝、ヒーターに点火するが着かず。おかしいなと思ったらガスボンベが空っぽになっていた。前日ガスのバルブを開けた時、ガス残量計は満タンを指していたのに。これは、余り当てにならないのかな。8kgの1本積みは、やっぱりだめ。早速、アルミボンベを2本購入した。まだ充填してないが、そのうちガス屋さんに行こう。


前の10件 | 次の10件 キャンピングトレーラー ブログトップ