So-net無料ブログ作成

稲佐山のテレビ塔 [写真]

稲佐山のテレビ塔は、ライトアップされています。今夜は色が様々に変化しています。
nice!(0)  コメント(0) 

8mm映写機のベルトが切れました [写真]

 8㎜フィルムをDVDに落とし始めたところでした。ハロゲンランプはすでに買い換えましたが、映写中に突然フィルムが送られなくなりました。カバーを外してみたところ、動力の源であるモーターから主軸につながるベルトが切れていました。とても修復は困難と思えました。ネットを見るとベルトの損傷が多いようでした。以前、糸紬機を作った時のベルトを思い出しました。意外と強く、繋ぐのは熱です。代用できそうで、繋いでみました。しばらくは動きそうです。切れたらまたつなげばよいので、それまで頑張ってみます。ちなみにDVDとビデオカメラ、スクリーン代わりの反射機がそろっていますので、コピーは上手くいくと思います。
Imgp2691.jpg
Imgp2692.jpg
Imgp2694.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

ランタンフェスティバル [写真]

長崎は、ランタンフェスティバルの最中です。寒い時期ですのでちょっと出かけるのがおっくうに鳴るのですが今年は、春一番に誘われて出て着ました。やっぱり寒い[雪]
nice!(0)  コメント(0) 

コンパクトカメラ用の自撮り棒を見つけました [写真]

 スマホは持ちませんので、自撮り棒は使えないと思っていましたが、コンパクトカメラ用の自撮り棒が見つかりました。撮影はセルフタイマーかリモコンが必要ですが、ペンタックスはリモコンが使えそうです。ついでにリモコンをちゅうもんしました。ミラーが付いていて液晶が見えます。
P8010665.jpg
タグ:自撮り棒
nice!(1)  コメント(0) 

マイクロフォーサーズとフォーサーズの区別もつかずに交換レンズを買ってしまいました [写真]

 我がミラーレス一眼にと、少し長めのレンズを探していました。やけに安い40-150mmのレンズがあり、深く考えずに注文しました。ところが、これがフォーサーズだったわけで、オリンパスに詳しくないものは、つい注文しますよね。あわてて返品しようとしましたが、手数料だの送料だの出すのもあほらしく、しばらく思案していましたが、あるのですね、アダプターが。さすがに純正品は、買ったレンズと同じくらいの値段がしますが、どこのメーカーかわからないような安めのものが見つかりました。さっそくそれを取り寄せ、一応事なきを得ました。アマ〇ンは、互換性のないものでもどんどん進めてきますので用心したほうが良いような気がします。以前にもアイポッドシャッフルを買ったとき、一緒に買いますかにつられて買った充電アダプターは、シャッフルには使えませんでした。物を売っているのは人間ではなく、心のない機械のような気がします。通信販売の怖さですよね。自分で十分研究し、いくらすすめられても、互換性などは、自己責任で確認する必要があります。でも、通信販売はよく失敗します。こりません。
フォーサーズ.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

オリンパスのミラーレスにワイドコンバーターを付けてみました [写真]

 ワイドのズームを探していましたが、意外と高価でひょっと、コンバーターと言いうものが見つかりました。標準レンズのワイド端14mmを2mmほどひろげるそうです。ズームは何万もしますが、これは8000円です。ただ、カバーが閉まらないことと、フードがないことがちょっと気に入りませんが、値段な値段ですから、贅沢はいいません。後は、どの程度写るのかが問題です。
ワイドコンバーター.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

ミレーレス一眼にカバーをつけました [写真]

 裸のままでは、ほこりもしますし、適当なカバーを探して注文しました。今日届きさっそくストラップも変えました。少し傷があって本革っポイですが、合皮です。ストロボの部分が膨らんでいて、ぴったりなのは気に入りましたが、レンズカバーは前からは外れません。使うときはカバーは外してしまいますか。
Imgp1482.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

遂にミラーレス一眼を買いました [写真]

 ミラーレス1眼が、気になっていました。以前買ったペンタックスのデジタル1眼も古くなり、現在はコンパクトで我慢していましたが、ミラーレスが出てからは、次の時代はこれだと確信していました。なんせオートフォーカスが発達して、ピントを合わせる必要がなくなったのですから。フィルム時代のペンタックスSPを持っていましたが、130mmをつけると、ほとんどピンボケしてしまい、カメラが悪いんじゃないかと疑っていました。最近は、プロ顔負けなのかプロなのか写真家と称する方々がたくさんいらっしゃいますけれど、あの時代を知る者にとっては、今のカメラマンは幸せです。カメラが撮ってくれる訳ですから。構図とか、チャンスに専念できるわけできます。で、ペンタプリズムやファインダーはいらないでしょう。ペンタックスのミラーレスはCCDが小さいらしいので、オリンパスにしました。標準ズームがついていましたが、レンズの繰り出しの多さにびっくり。14mmでも中望遠レンズ並みに出ていますバランスが悪い。通信販売の辛さです。もっと薄いレンズはないのかな。
ミラーレス一眼.jpg
nice!(1)  コメント(0)